ながるるごとき金屋の日々

6年生平和学習

6年生が平和学習として、村上市内在住の広島での被爆体験者である本間さんを講師に貴重な話をお聞きしました。

原爆が投下された当日の朝の様子や、投下された直後の悲惨な様子を、子どもたちに分かりやすく丁寧に話をして下さいました。

「平和とは、好きな物を食べることができて、わがままも言える幸せな状態」、「戦争をなくすためには、お互いの気持ちを理解し、一人一人が温かい気持ちを持つこと」という話も印象に残りました。

子どもたちは、本間さんの話から多くのことを学ぶことができました。